ページの先頭です
本文へジャンプする

ここからサイト内共通メニューです

ここから本文です
サイト内の現在位置を表示しています

幸せ仕事塾

アクセスカウンタ

RSS 言っていることと、やっていることが違う人

<<   作成日時 : 2009/10/13 08:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは、エンパワーリングの上村です。

今日のテーマは「言っていることと、やっていることが違う人」です。


まず、これは誰のことでしょうか?


実はこの瞬間、人間には2つのタイプがいます。

「あ、自分のことだ!」と思うタイプと、

「ああ、あの人のことだ」と思うタイプ。


そして前者は「言っていることと、やっていることが一致しやすい人」で、

後者は、「言っていることと、やっていることが違いやすい人」なのです。


なぜそうなるのでしょうか?

それは、前者は「自分を振り返る力がある人」で、

後者は「自分を振り返る力がない人」だからです。


私は長年、自分も含めて人間研究をして来ましたが、「人間というのは、基本的に『言っていることと、やっていること』が違いやすいものだ」と、つくづく思います。

なぜそうなるかというと、フロイトが言ったように、人間には「意識と無意識」があるからです。

そして「無意識の方が圧倒的に大きく強い」のです。

しかも、「この無意識は、常に『自分』というものを守ろう」として勝手に働き続けているのです。


例えば、最近の私の意識のコミットメントは、「出会う全ての人を愛すること」、つまり「感謝し、尊敬し、信頼すること」です。

しかし正直申し上げますと、いくら頭(意識)でそう思っていても、自分にとって都合の悪い言動や行動をする人を見たり、ましては誰かから批判的なことを言われたりした途端、ムッとして相手をやっつけるまたは、避けるような言動・行動をしてしまうことがあります。

この姿を見ただけで、周囲の人は「何だ、上村さんは言っていることとやっていることが違うじゃないか!」と思われるでしょう。

まったくその通りです。

でもこれが自然な人間の姿なのです。

人間は誰もが自己保存本能、つまり自分を守る本能があるので、そのために「無意識が勝手に働く」からです。


では、私が自分の意識のコミットメントどおりに、「出会う全ての人を愛する」ためにどうすれば良いのでしょうか?

それは「無意識の意識化」、つまり「自分の気づいていないことを、気づき続ける」、そのために「自分を常に振り返り続ける」、これしかありません。

そしてその最初は、「自分には意識と無意識がある」、だから「自分は言っていることと、やっていることが違うことがたくさんあるはずである」と思うことです。

だからまずそこに立てているかどうかを確認するために、今回最初に「『言っていることと、やっていることが違う人』、それは誰のことでしょうか?」とお尋ねしたのです。


「あの人は、言っていることと、やっていることが違う」と人に指を指して批判する自分から卒業し、

そろそろ「自分の言っていることと、やっていることを少しずつ一致させたいな」と思う今日この頃です(笑)


【今日の質問】

私は、「自分は言っていることと、やっていることが違うことが多々ある」と思っているだろうか?



★ 2009年11月21日(土) 出版記念W講演会 in 新宿   

私の大心友であり、大尊敬する(株)マイルストーン代表取締役「水野浩志さん」。

「高品質セミナー作成講座」などプロの講師向けコンテンツや、企業教育で引っ張りだこの方です。

ちょうど私の新刊「一流の部下力」と同時期に水野氏も「結果を出す人の勉強法」というご著書をこう書房さんから発刊されました。

その記念に「W講演会」をガイアモーレ(株)さんが主催していただけることになりました。

ぜひ「結果の出る勉強法」&「一流の部下力」で、一気に自分のスキル・キャリア・ブランド力を高めましょう!

【詳細・お申込み】はガイアモーレさんHPに


★ 携帯メルマガ【プロが厳選した「名著から学ぶ一日一言」】について

ミニまぐさんより、「携帯メールマガジン」の配信をしております。

古今東西の名著から連続7日間ずつ、名言・法則を抜粋してお伝えしております。

どれも深い学びのある言葉ばかりです。

今週は、私の尊敬する田坂広志さんの「未来を拓く君たちへ(くもん出版刊)」からです。

バックナンバーもご覧いただけます。
ご興味を持っていただいた方は、ぜひこちらよりご登録ください。







テーマ

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
URL(任意)
本 文
一覧へ

お気に入りサイト